人生大体中途半端。

多分オタク女で、腐女子で、人生大体中途半端だけど、どうにか公務員になれたり、萌えのすき間に挟まってたりしたりしてる、どうしようもないぎりアラフォー女が、恥を晒してみようと急に思い立ったブログ。

冷静に考えてシンケンジャーのエンディングはダンスじゃねえな

昨日はリュウソウジャーに大興奮の勢いのままで書きたくった語彙力死んでるブログですが、一夜明けて、それがとっぷりと暮れてつい先ほど読み返してみて、シンケンジャーのエンディングはダンスじゃねえな…って気が付いた、記憶力すら死んでる藤堂です、どうも。

「CMのあとはみんなでうたおう!」だったですねシンケンジャー
まあ御大将出陣で歌ってる場合じゃねえのは据置ですが。歌えねえよあの雰囲気は。
シンケンジャーの5話目くらいから、うちのテレビがブラウン管からプラズマに進化したのは覚えてんですけどねえ。
何せ買い替える直前は、中の部品がもうダメダメだったのか、冬場はスイッチ入れてから5分くらい経たないとつかないの。テレビが。
買い替えたかったけど、完全に地デジ移行する少し前の方がテレビ安売りするだろっていう貧乏人根性で、なかなか手を付けてなかったテレビの買い替え。
最終的な決定打が、シンケンジャーなのですよ。
ゴーオンは割と録画とかでのんびり見てたんですが、流石に最終回付近はリアタイしててその流れでシンケンジャー初回見たらやばすぎて、これはずっとリアタイのターン!
そしたら当然、冬の早朝だからテレビがつかねえええええ!ってわけで。それ見越して早く起きたうえで、部屋を暖めて、テレビのスイッチを…ってめんどくさいわ!!などと私が毎週ぶちぶちぶちぶち言ってたので、両親もやっと重い腰上げてついにプラズマテレビ買いました。
いやはやシンケンジャーは色々と思い出深い。
プラズマテレビ導入で暫く困ってたのはうちの猫たちでしたが。薄すぎて上に乗れないからwww
それでも下の猫はがんばってプラズマテレビに乗ってました。
あったかいしねプラズマテレビ。完全にはみ出てましたけど。
去年の春に旅立っちゃったんですが、その直前まで、病気でへろへろになりながらも乗ろうとするので目が離せず、今度は飼い主陣が困ったという。
猫またうちに来て欲しいなあと思いつつも、やっぱ旅立っちゃった子たちがまた来て欲しいなあ…ってなる。
そろそろ下の猫の一周忌ですが、まだまだ毛とかポロポロ出てくるの切ねええええ。

やってくれたぜ騎士竜戦隊リュウソウジャー

スーパー戦隊卒業なんかさせませんよ感が凄すぎた。初回から本編の展開が最重量級の重たさで、ヘヴィなのをボディに喰らいまくった挙げ句のあのエンディングダンス!踊ってる場合かよおおおお!って久々に叫んだ藤堂です、どうも。

ジュウオウジャーとかゴーバスターズとかでも、CMのあとはみんなでおどろう!って、踊れるかァ!!なシリアス展開はよくありましたけど、とりあえず記憶に残る一番のヘヴィ級踊れるかァ!シンケンジャー御大将出陣。や、絆も捨てがたいか。
御大将出陣はなあ…やばかったなあ…。あの丈瑠がボロッボロでなあ…。
逆にEDダンスで愉快な話題かっ攫ったのは、やや以前だとマジレンジャー黄色の腰、最近だとキョウリュウジャーけんいちくんとひろしくん(38)ですが(あと最終回の森川さん)、果たして今作もそういう愉快なダンスナンバーとなるのか、大いなる期待をよせておりますよ。
…って明るく書いてないと、気を抜けば「マスタァァアア!!」ってなってしまうもので…。
リアタイ時から散々ギンガマンギンガマンってネットに流れてましたけど、ギンガマンよりはるかにキッツイ。
キャスト発表時には、ふむふむ、あれだな?この豪華なマスター陣は、弱体化するけど何かしらのサポートメンバーとして準レギュラーになるやつだな?とか思ってましたよ。
仮面ライダー1号(かつ、元基おにーさん)、タキシード仮面(かつ、仮面ライダー伊吹鬼)、セーラームーンだもん。あと帰ってきたウルトラマンもいらっしゃるし。
それがどうよ。
初回で藤堂さんのメンタルはくっっっそヘヴィな本編とゴキゲンなダンスとの超温度差で風邪引く寸前ですよ。
悲愴感ハンパなくないですか。
ギンガマンの兄さんは、割れ目に落ちてったからなんとなく復活の希望持ってましたけど(事実復活したしw)。
あの、あの描写はむしろ大人の方がダメージ喰らうだろ!?
ちょいちょい剛健のピンクにぶっ飛ばされて漫画みたいにカッ飛ぶレッドだとか消飛記憶トンカチだとか愉快な描写挟むもんだから、完全に油断してたですよ!?
でも巨大ロボ戦は死ぬほどかっこよかったですよ!?!?なにあれすごいな!?!?!?!?
最早「ロボ」って言うのはばかられるレベルでしたね。
あれは「騎士竜」なんだと。ロボではないんだと。視覚でガツンと突き付けられたらもうね、平伏せ者共ォォオオオ!!騎士竜様の御出陣じゃああああ!!って感じでね。うん。語彙力死んでるわ。
これ1年間メンタルもつかな。やばいな。すっごい楽しい!
この調子で仕事も楽しくぶっ飛ばそう。ぶっ飛べ。

ノートPCがふるぅい。

普段スマホとかタブレットで事足りる程度の情報生活してるので、現在使用してるノートPCはほぼBlu-ray再生するためだけの状態な藤堂です、どうも。

Win7だし。
Officeも2010だし。
あと多分タバコのねえ…色んな汚れが多分内部にねえ…。
そんな状態なんですけど、趣味の二次創作は、絵師でもなければデータ原稿作成してオフ本発行するような本格字書きでもないんで、フォレストとかpixivとかそういうので事足りてたんですよ今までは。私は文字を書くだけ。
だから特段PCの性能とか拘ってこなかったし、大体今のやつも「自室でBlu-ray再生して見たい」だけのために買ったようなもんでして。
今ほどネット配信発達してませんでしたし、親が自宅にいる時間はテレビほぼ占領されちゃって(更には裏番組録画しててレコーダーすら占領される)、私だって好きなタイミングでテレビ、というかアニメと特撮見たいんじゃー!と大爆発。
当時バイトとはいえやっとお金も少し余裕できてたので、自前のノートPCを購入するにいたった、と。
だから私のPCは実質Blu-rayプレーヤーです。
同人誌だってせいぜいちょっと丁寧なコピー本でいいやーって考えなんで、ちょっといい複合機買った程度。
いやはや…最近色々とそのツケが回ってきた感あります。
基本知識がまるで無い。
同人誌事情しかり、パソコン事情しかり、ネット事情しかり、なんかもう色々表面的なことだけで済ませてきてしまったツケがやばい。
ちょっとやりたいこと幾らかあるんですが、取っかかりがまず掴めないんですよう。これをするには、あれが最低限必要、みたいな。
あと色んなソフトも最早パッケージ販売じゃなくダウンロード販売にほぼシフトしていて、自前のPCが既にスペック不足。
もうだめだ!
勉強するしかない!!
まず勉強のための勉強からですが何か!!!
やらないよりはマシだわ。やろー。そしてPC買おう。
明日はいよいよ、「王道回帰」を掲げる騎士竜戦隊リュウソウジャー初回ですよ。
私も初心にかえりましょー。あどび面白そうあどび。

年金機構のツイート炎上のやつ

なんか年金機構の年金保険料の追納に関する学生向けのツイートが大炎上!っていうニュースを見たんですが、炎上まで計算に入れて「追納」システムを周知したんじゃねーの?って思う藤堂です、どうも。

バイト時代に、窓口でどんだけ追納と後納の違い説明したことか。
金保険料はねえ、払っといた方がいいっす。
老後のため?
いやいや。
障害年金のため。あくまで私個人の考えだけど。
下手に免除も何も申請しないままで、未納の期間がやたらにあると、ある日突然事故に巻き込まれて障害を負いましたって時に、障害年金まっっったく貰えなくなるから。
このことで、窓口で住民の方のお母さんに泣かれたことがあります。
色々とフェイク入れますが、以下に相談内容あらすじ。

遠く離れて暮らしてたお子さんが、精神系の障害を負い、実家に戻ってくることになった。
重度ではないが、ひとり暮らしはもう出来ず、それなりの頻度でケアが必要な状態。
親世代の稼ぎだけではすぐにでも行き詰まる計算。
お子さんが暮らしてた自治体で障害年金を申請しようとしたが、期間が足りないと言われた(3分の2要件など)。
転職や無職期間、通院などを繰り返し、本来免除が出来たであろう期間も、全て未納になっていた(直近1年要件など)。ちなみに後納はできない。
その時はバタバタしていたのでそれ以上のことは出来なかったが、改めて通院の記録を調べていたら、ギリギリ期間が足りるかもしれない初診日の記録が出て来たので、もう一度期間について調べてもらうことはできないか。

このお母さん、年金以外の手続きもあったから本所でなく当時私がバイトしてた支所(ミニ本所なので、割と手続きが色々ひとつの窓口で済む)に来た、と。
ほんとは年金機構直属の地元の年金窓口の方がバリバリに詳しいんでそっち案内したいところだったんですが、元々後日年金窓口行く予定で、一応支所でも年金のこと少しやってるから、ダメ元でいいです!っていうことだったんで、計算してみたんですよ。
確かに、めっちゃくちゃギリッギリで。
これは本家に問い合わせないと無理だと複数人で判断し、時間が掛かる旨を説明しつつ、年金窓口のホットラインで問合せ。
そしたら本家の人も「これは…」って唸るぐらいなのね。転職とか無職期間とかで、年金記録が虫食い状態だったし。
でももうほんと、障害年金が貰える貰えないで生活ガラッと変わるから、祈るような気持ちで本家の計算終わるの待ってた。
結果、複数人が、何度計算しても、1ヶ月だけ足りないの。
あと1ヶ月分さえ年金保険料納めてたら、障害年金もらえたの。
本家の人も「お子さんが病院を転々としてたのなら、今回のよりももっと前に通った所があるかもしれない。まだ年金記録に反映されてない就労期間で、保険料を払った期間があるかもしれない。あきらめないで」って、必死。

伝えないわけにはいかないので、伝えました。
お母さん、泣くんですよ。やっぱり1ヶ月足りないって、静かに。
遠くでひとり暮らしなんかさせるんじゃなかったって。
あんなに悪化する前に、そばに行ってあげればよかったって。
お時間取らせてすみませんでしたって、頭下げながら、泣くんですよ。私達に頭下げることなんて、お母さんはなにもないのに。
他の保険とか、色んな福祉サービスとか、本所の方に行けば生活のことも含めてもっと詳しく相談に乗ってくれる専門員がいますから。そう言うのが精一杯だった。
確かにねえ、年金機構なにやっとんねんって思うこと多々あります。
私も何故か年金納めてない事になってる期間があって。
いやいや納めとるわ!むしろ給料から天引きされてたわ!って古い給与明細引っ提げてねじ込んだことあるレベル。
正されるまで2~3度ねんきん定期便来る期間を要したぞ。
でも制度そのものは、ギリギリのセーフティネットで、見ようによっちゃ思ったよりも手厚いんですよね。
そりゃあ生活が潤うレベルでは無いですが。でも、生活は出来る。
そういう最後の後ろ盾みたいのが、あるのとないのとでは、メンタル的にも大きな差になると思う。

その後そのお母さんに会うことはありませんでしたが、笑っていて欲しいなあ、と思います。

ひとつ仕事の山を越えました。

発生したトラブルの、最初のひとつの山を越えたってだけでまだまだトラブル連峰はそびえてるし、なによりデカい仕事一瞬宙に浮いたけど元通り進行することになったので最早山だらけだわあって笑ってる藤堂です、どうも。

本来ガチガチの登山準備をしてから臨まなければならないところ、Tシャツ+短パン+サンダルくらいの軽装備で駆け抜けております。
公務員試験に専門試験(行政事務系だから、主に法律)があるせいで落ち続けてたうえ、地方公務員1年目の私にはもてる装備などたかが知れてますわ。
まだまだまだまだこれからって時の大トラブルだったもんで、上司陣一丸となって大砲みたいに首長のとこ突っ込んでったの凄かった。そしてそれについていく私。超場違い感ハンパない。なんだったんだあれ。
首長のとここれまでも数回カチコミしてますが、あんな大部隊は初でした。やー、壮観だった。いや、ほんとね、なんで私ここにいるんだろね?ってレベル。トラブル相手に100パーの非があったからここまでのん気にやってられるんですけどもね。
ちなみに初めてのカチコミは配属されて1ヶ月目の時だったという、新入職員おそらく最速記録を樹立(上司談)
30年後くらいに本書いたら一部に売れるんじゃねーかなとか思ってるんで、ちょっとずつ記録しとこうwww
もっと勉強して、愉快な地方公務員ライフと趣味とをごりごり楽しんでやりますよ!へへっ!
まあでも地方公務員やってるかたわら、家では多重人格探偵サイコげらげら笑いながら読めるの大概ヤバい気はしますがそれはそれ。
趣味趣味。

どろろ10話をみたんですよ。

小林靖子シェフは、丹精込めて育て上げた推しの、そのお肉を細部にまでこだわって調理し美しく盛り付けて最高のタイミングで振る舞ってくるから絶対に油断してはいけないぞ絶対にだ、と、強く思う藤堂です、どうも。

どろろという作品。
多宝丸という存在。
気を付けろ、靖子が放っておくわけがない。
既に前後編で構成されたみおの回で丁寧に心を折ってきたのだ。
初回からじわじわと少しずつ「視聴者の、多宝丸への想い」が強くなるよう育てているのは火を見るより明らかで、第10話に至ってはタイトルが既に「多宝丸」だ。
しかも放送予定では次回前後編でとうとう「ばんもんの巻」である。
原作等の「どろろ」を知っていて、今やってる「どろろ」の多宝丸を気に入っていて、なおかつ実写映画版を見たことのある人なら、頼むから実写映画版ルートで…!とか願っちゃうよね私もだよ。
どろろはルートいっぱいあるから、小林靖子版のエンディングを迎えたとしてもそれはそれでまたひとつの「どろろ」になるところが、もう手に負えない。
多宝丸のこれからも怖いけど、どろろのこれからも怖いし、靖子にゃんの事だからお縫の方様がダークホースになることもありうる。無いって、自信持って言い切れない。だって原作がそもそもルートたくさんあるから。
怖いよう…。
まずは多宝丸侍従の陸奥と兵庫がきっと丁寧に丁寧に…ウッ(´;ω;`)
気が早くてすみません…。
でもどろろ見てるとやっぱ魍魎戦記MADARAシリーズにまた足突っ込みたくなってくるし、そうなると多重人格探偵サイコが不可避だ。
ぐぬぬぅ。せめてサイコ買いなおすかな。

はとバスに男性バスガイド爆誕予定と聞いて

はとバス」のバスガイドとして男性2名採用!ってニュースを見掛けたんですが、むしろおらんかったんかい!?って思った藤堂です、どうも。

なんか、昔バラエティ番組で、女性のバスガイドさんと川下りの女性船頭さんによるバランス感覚対決ってのをやってたのを思い出しました。
走行中の車内で、立ってガイドするバスガイドさん。
川面に揺られる船上で、立って櫂を漕ぐ船頭さん。
起震車みたいなので不規則な揺れを起こしてから止まるまでの間に、手に持った満水のボウルから如何に水をこぼさないか、みたいな対決だったと思います。
結果はバスガイドさん圧勝。
確かそのバスガイドさんが、はとバスだったような?(すっげ昔の記憶なので違うかも)
バスガイドさんの記憶は、その番組と、あと2つ。
ひとつは修学旅行でバスガイドさんがキレちゃった思い出。
そりゃねえ…ガイド微塵も聞かないで車内でずーっと大騒ぎしてる厨房の群れとか、猿の群れと変わらないもんねえ…。
しかしまあ、マニュアル通りにガイドしてるだけです感もちょっとあった。
当時はただの腐女子中学生だったんで、知らない土地のこと解説してくれるのわりと楽しみにしてたのに、え、説明そんだけなの…?パンフに載ってるやん…?ってなってちょいがっかりした。
他のクラスは面白かったって言ってたので、当たり外れ的には後者の方にあたってしまったようでした。おあいこかな…。
そしてもうひとつは、卒業旅行で参加したツアーのガイドさんと、夜にホテルで酒盛りしたことwww
ツアー内容が完全に「残りの人生ゆっくりしたい人向け」なもので、私達のゼミグループだけで平均年齢一生懸命下げてます!ってな感じだったので、妙齢の女性ガイドさんに珍しがられて意気投合。
その女性ガイドさんと、私と、もう1人の女の子ゼミ生の3人で、酒盛りwww
こっちは楽しい思い出ですね。もう多分引退されてる年頃だと思いますが、お元気かな。
ガイドも楽しかったし。
はとバスの男性バスガイドさん、がんばれー。
私も仕事がんばるわー。ひと山越えたしな!
ガンダムも見終わったしな!
さてお次はどれにしようかな。